Legacy Client

New Client

チャンネルに参加する

Slack ワークスペースなら、チャンネルという専用のスペースに仕事をまとめることができます。チャンネルを使って、特定のプロジェクトや、テーマ、目的別に会話を整理しましょう。ワークスペースにすでにあるチャンネルをブラウズしたり、参加したりできます。お探しのチャンネルが見つからない場合は、自分でチャンネルを作成することも可能です。

Tip :  外部の組織とのチャンネル共有の招待を受信した際には、こちらの手順で招待を承諾することができます。


チャンネルに参加する

デスクトップ

モバイル

  1. 左サイドバーの「チャンネル」の横にある  (プラスアイコン) をクリックします。
  2. 「チャンネル一覧」を選択します。
  3. 表示されたチャンネルを選択するか、検索バーにチャンネル名を入力します。
  4. 「チャンネルに参加する」をクリックするか、Enter キーを押します。

参加したいチャンネルの名前がわかっている場合は、メッセージフィールドに「/join」と、それに続けて「#」とチャンネル名を入力し、そのメッセージを送信します。

Tip :キーボードショートカットを使用してチャンネルブラウザを開くには、Mac の場合は ShiftL、Windows/Linux の場合は CtrlShiftL を押します。

  1. 画面下で  「ホーム」をタップします。
  2. 右にスワイプしてメインメニューを開きます。
  3.  「チャンネル」をタップしてチャンネルブラウザを開きます。
  4. チャンネルを検索するか、リストから選択します。
  5. 「チャンネルに参加する」をタップします。

注意 : 招待されていないマルチチャンネルゲストとシングルチャンネルゲストが参加することはできません。閲覧や検索の対象には参加しているチャンネルのみ表示されます。

 

チャンネルの仕組み 

  • Slack のプライベートチャンネルは閲覧できません。参加するには、プライベートチャンネルのメンバーからの招待が必要です。
  • そのチャンネルの「詳細」ビューにあるメンバーリストに追加されます。
  • チャンネル内に送られてくる通知は、環境設定によって変わります。必要に応じて、チャンネル固有の通知設定はいつでも変更できます。
  • 必要に応じて、いつでもチャンネルから退出したり、再度参加したりすることもできます 。ただし、プライベートチャンネルから退出したあとで再度参加するには、招待を受ける必要があります。
この機能を使えるのは誰?
  • ゲスト以外のメンバー全員
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

関連記事

最近チェックした記事