Legacy Client

New Client

おやすみモードによる通知の一時停止

集中する時間や休憩が必要な場合は、おやすみモード(DND)で Slack からの通知 を一時停止できます。集中したい時間に通知を一時停止することや、通知を受けたくない時間帯を設定することもできます。

DND の仕組み

  • 通知と @メンションは一時停止します。通知を再開すると、DND モードをオンにしていた間に受信したメッセージを確認できます。
  • 表示名の横には  (おやすみモードアイコン)が表示されます。誰かがあなたに急ぎの連絡をしなければならない時は、ダイレクトメッセージを送る際におやすみモードの設定を上書きできます。


通知を一時停止する

デスクトップ

iOS

Android

おやすみモードをオンにする

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「通知を一時停止にする」にマウスポインターを重ねます。
  3. メニューから時間枠を選択するか、「カスタム」を選択して独自の時間枠を設定します。

おやすみモードをオフにする・停止時間を変更する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「通知を一時停止にする」にマウスポインターを重ねます。
  3. 「オフにする」を選択するか、「時間を調整する」にカーソルを合わせて時間枠を選択します。

おやすみモードをオンにする

  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「おやすみモード」をタップします。
  3. リストから時間枠を選択するか、「カスタム」をタップして独自の時間枠を設定します。

おやすみモードをオフにする・停止時間を変更する

  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「おやすみモード」をタップします。
  3. 「オフにする」をタップするか、新しい時間枠を選択します。

おやすみモードをオンにする

  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「おやすみモード」をタップします。
  3. リストから時間枠を選択するか、「カスタム」をタップして独自の時間枠を設定します。

おやすみモードをオフにする・時間を変更する

  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「おやすみモード」をタップします。
  3. 「オフにする」をタップするか、新しい時間枠を選択します。

Tip :  デスクトップからステータスをデフォルトの休暇中に設定すると、おやすみモードがオンになります。 ステータスのクリア後、または 6 週間後に通知の配信が自動で再開されます。


通知スケジュールを設定する

定期的にオフラインになっている時間帯には、通知スケジュールを設定できます。スケジュールを設定すると、任意の曜日と時間帯にのみ通知を受け取ることができます。それ以外の時間は通知が一時停止されます。

デスクトップ

iOS

Android

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「通知を一時停止する」にカーソルを合わせ、メニューから「通知スケジュールを設定する」を選択します。
  3. 「通知スケジュール」まで下にスクロールします。 
  4. 「通知を許可」の下のドロップダウンメニューから、 「毎日」「平日」、または「カスタム設定」のいずれかを選択します。「カスタム設定」を選択した場合、通知を受信したくない曜日の横のチェックボックスを外します。 
  5. 通知を受け取る時間帯の開始時間と終了時間を選択します。設定は自動的に保存されます。完了したら、 (「閉じる」アイコン)をクリックします。 
  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「通知」  をタップします。 
  3. 「通知スケジュール」をタップします。 
  4. 画面上部の「通知を許可」をタップし、 「毎日」「平日」、または「カスタム」のいずれかを選択します。「カスタム」を選択した場合は、通知を受信したくない曜日をタップし、通知をオフに切り替えます。 
  5. 通知を受け取る時間帯の開始時間と終了時間を選択します。「毎日」または「平日」の場合、「開始」または「終了」をタップし、その曜日に通知を受け取る時間帯を選択します。「カスタム」の場合、任意の曜日をタップし、「開始」「終了」の時間を選択します。 
  1. 画面の下にある 「自分」タブをタップします。
  2. 「通知」  をタップします。 
  3. 「通知スケジュール」をタップします。 
  4. 画面上部の「通知を許可」をタップし、 「毎日」「平日」、または「カスタム」のいずれかを選択します。「カスタム」を選択した場合は、任意の曜日の横にあるボタンをタップして通知をオフにします。 
  5. 通知を受け取る時間帯の開始時間と終了時間を選択します。「毎日」または「平日」の場合、「開始」または「終了」をタップし、その曜日に通知を受け取る時間帯を選択します。「カスタム」の場合、任意の曜日をタップし、「開始」「終了」の時間を選択します。 設定は自動的に保存されます。 

注意 : ワークスペースのオーナーまたは管理者が、ワークスペースまたは Enterprise Grid のオーガナイゼーションに対してデフォルトのおやすみモードのスケジュールを設定している場合、デフォルトの設定は自分で設定したスケジュールによって上書きされます。 


おやすみモードのショートカットとコマンド

急いでいる時は、スラッシュコマンドを使っておやすみモードを切り替えましょう。

  • /dnd [時間設定テキスト] と入力して通知を一時停止
  • /dnd off と入力して通知を再開


/dnd の例

通知を一時停止にする時間

 

特定の時間枠

/dnd for 15 mins (15 分間)
/dnd 15 minutes (15 分間)

1 日の特定の時間まで /dnd until 17:00 (17:00 まで)
/dnd until 5pm (午後 5 時まで)
1 日の一般的な時間帯まで

/dnd until tonight (今晩まで)
/dnd until tomorrow morning (明日の朝まで)

この機能を使えるのは誰?
  • メンバー全員
  • スタンダードプラス、およびEnterprise Grid

関連記事

最近チェックした記事